そして 『ラッキー 90M-S』

f0139991_21525638.jpg


かくして・・・新たに引き伸し機を探すべく、悩ましい日々へと突入。まず、ターゲットとしては、

●その壱 何も小細工せずに35mmのネガが焼けるもの。
●その弐 出来れば6×9まで焼ける余裕があるもの。

新品(現行品)は、一昔前に比べて値段が倍以上(!)に上がっているためまず却下。
当然のごとく中古品となるわけですが、お店ではほとんど置いてません。(特に大阪近辺では。)

理由は売れないから(笑)。
それに、場所もとるのでたいていのお店は嫌がるらしい。

東京で暗室関連で有名なのがフジヤカメラ日東商事
あと神奈川や愛知にも扱っている店がありますが、
一番安いのはフジヤカメラで、その分店頭に出るとすぐに売れてしまうようで、僕が電話したときにも在庫ゼロでした。

やっぱりヤフオクかな~・・・と思いつつ、色んな人に聞いたりネットで調べたりで絞り込んでいきまして、
自分の部屋に置くのでデカすぎず、かつそのまま台板上で半切当たりまで焼けるもの(40mmレンズ可)という条件に辿り着き、

フジ B-690
ラッキー 90M-S   このどちらかにしようと。

そこからまた四六時中&仕事中も悩みつづけ、悩みすぎてヤフオクでどんどん他の人が落札していくのを見ては
あ~、アレにしとけばよかった・・』  『あ~、コレにしとけばよかった・・』と、
まさに二兎追うものは一兎をも得ず状態が3週間ほど続き、
最終的にはラッキー90M-Sに狙いを定めてようやくヤフオクで落札しGetしました。

決め手となったのは
・B690よりも若干倍率が高くまで行ける。
・ランプの熱を抑える防熱フィルターが付いている。(B690にはない)
・製造中止になるまで30年以上モデルチェンジしていなかったロングラン機種。

フジは自社製造からLPLのOEM供給委託に切り替え、その後早々と撤退しましたが
ラッキーは会社こそケンコーに吸収されたものの、事業は継続し今でも受注生産してることからも、
引き伸し機としては90M-Sの方が信頼性が高いと踏んだのです。
(メーカーの姿勢とか、そういうところはけっこう意識します。)

かの森山大道さんもコレを使っているらしいですね。(今でも・・かな?)

あ、そうそう。

ドナドナした45Sは全く使わなかったわけではありません。
事後報告になりますが、大阪・南船場にあるギャラリー・壹燈舎さんの
開業3周年記念グループ展『写真とともに』(4/3~4/8)に参加しまして、その時に展示した2枚の作品の内1枚は
45Sでプリントしたものを出しました。
[PR]

by tatsuya-zz | 2012-05-07 23:00 | 暗室