super-takumar 35/3.5

f0139991_21373835.jpg

      Asahi-PENTAX SL + Super-takumar 35/3.5 + Kodak T-max 400


●タクマーという名のM42マウントレンズ

ペンタックスSLで使っているレンズの紹介を少ししておこうかと。。
スナップ撮影などで重宝するであろうコンパクトな35ミリとして、タクマーの35mmF3.5を買いました。

レンズ内部を透かしてみると、うっすらとクモリというかコーティングのムラのようなものがあり、
言うなればCランクほどの代物であるがゆえに3千円そこそこで手に入れました。
まあ写りにはさほど影響はないレベルです。

タクマーというレンズはペンタックスが売り出したM42スクリューマウントカメラの交換レンズ群に命名したもので、
初代はオートタクマー(半自動絞り)、2代目はスーパータクマー(自動絞り対応)、そしてコーティングを多重層にした
SMCタクマーという3世代が、Kマウントに全面変更になるまで生産されてきました。

Made in japanを代表する名レンズ群と言っても過言ではないくらい、何でもそつなくこなしてくれる写りには定評があり、
クセ玉が多い海外製のレンズに比べれば、さすがは日本製とうなずけるレンズが多いです。

当時のスーパータクマーシリーズでは、35ミリは開放絞りが大口径のF2とこのF3.5の2本があり、
バカデカイ(失礼)F2版と比べるとこちらは非常にコンパクトで持ち歩くにも重宝し、
また1段半暗いF3.5という無理のない設計であるためか、写りはとても自然で心地よい感覚がします。
ある方のブログでは「星がちゃんと”点”で写ります。」なんて書かれてたりしました。
[PR]

by tatsuya-zz | 2013-05-20 22:04 | カメラのはなし