休みます

PCの移行作業に集中しすぎて、

ネタ切れです。スイマセン・・
[PR]

# by tatsuya-zz | 2014-02-27 21:06 | 閑話休題

Ubuntu移行がひと段落

f0139991_21445776.jpg


Ubuntuをインストールし初めてから1ヶ月弱、、、

IEのお気に入り(ブックマーク)とメールデータの移行をすませ、
ネットとメールを普通に使える環境にまでなんとか持っていきました。

複合機のプリンターはドライバを入れて使用可能。
ただしスキャナーは認識されず。ここは今後の課題です。

あとはWin用のアプリケーションをUbuntu上で動かすための"Wine"というソフトを導入。
フィルムスキャナーのドライバーと、あとは筆まめが動いてくれればとりあえずはOK。

ダメだったらそれらを使用するときだけWinXPをオフラインで立ち上げるしかない。


今回の導入環境をまとめておきますと、

●インストールしたノートPCのスペック

・CPU・・・モバイルceleron 1.9GHz
・メモリー・・・768MB
・ハードディスク・・・40GB
・OS・・・Windows XP Home edition

今から10年ほど前に買った古いノートなので、いかにスペックが低いかが一目瞭然だと思います。(笑)

ここに不要なソフトやファイルを整理してHDの空きを増やし、
XPを残したままUbuntuをインストールしました。

導入したバージョンは、Ubuntu12.04.2の日本語Remix版。
上の画像はそのデスクトップ画面のスクリーンショットです。

普通に操作する点で言えば、Winからの移行でも極端な違和感はなくスムーズに入っていけます。


じつは最新版の13.10というのがあるのですが、PAE(4GB以上のメモリーを扱う機能)対応のCPU搭載機でないと動かないため、
(ウチのCPUは古いため非対応)
PAEがなくても動くUbuntu最終バージョンがこれだというわけです。

コンピューターの性能がどんどん上がっていく中で、OSもそれに対応していくのは当然のこと。
いくら不具合なく動いていても、古い機械を使いつづけていくのが難しくなっていくのは
WinやMacのみならず、Linuxの世界でも同じ・・・というわけですな。


僕のパソコンの用途は
・ネット閲覧
・メール
・ブログ更新
・たまにエクセル、筆まめ

くらいなものなので、XPのサポート終了日である4月9日を超えても普通に使っていける環境は
揃えることができたと言えまする。
[PR]

# by tatsuya-zz | 2014-02-24 22:39 | 閑話休題

2014/02/20

f0139991_22263818.jpg
 
     Voigtlander BESSA-R3M + color-skopar PⅡ 35/2.5 + Fuji Neopan400 PRESTO
[PR]

# by tatsuya-zz | 2014-02-20 22:27 | スナップ写真