人気ブログランキング |

それだけでよかった

f0139991_2215018.jpg
 
     Voigtlander BESSA-R3M / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5(E36) / Kodak T-MAX400


人間、アレコレ考え出すと深みにはまって、結局何がしたかったのか分からなくなるのはよくある話で・・

自分の写真道でも当てはまることで、あまりに機材のことを意識しすぎると、
その機材の良さを引き出せるような写真を撮ろうと意識するようになり、
出来上がった写真を見ると、「ホントにこれを撮りたかったの?」 と思えるような出来で、
ちっとも面白味がない。。

高校の写真部に入ってすぐ、初めて手に入れた自分のカメラはリコーXR-7という、
高級感のかけらもない廉価な一眼レフカメラ。

地元のカメラ屋の店頭で、50mmF2レンズとのセットで3万円台で売っていたのを、
自分にはこれがピッタリだと思い買いました。

高級なカメラを持っていた先輩達からバカにされたこともあったけど、
それでも自分にはこれで十分でした。

あの頃の写真を思い出すと、何も考えていなかった分、生き生きしていたように思います。
ほんとにチープで、レンズも50mm一本しかなかったけど、初めて手に入れた
自分の一眼レフを触るのがとにかく楽しくて、
夢中でシャッターを押してました。
トラックバックURL : https://rfdays.exblog.jp/tb/17567441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コットン at 2012-05-23 00:07 x
こんばんは。
ちょっと耳が痛いなーと思って拝読しました。
大人になって経済的に余裕が出て、写真の趣味も経験積んでくると、機材に走ってしまいますね。
写真を夢中で撮っていたあの頃の気持ちを、もう一度思い出したいなと思います。
Commented by tatsuya-zz at 2012-05-23 22:06
●コットンさん
ほんとですよね~。僕も混沌としてくるといつも楽しかった学生時代を思い出します。

僕はちょっと変わっているのかも知れませんが、「良い」と言われるものが一体どれほど良いのか自分で確かめたくなる性分で。。
カメラもリコーからキャノン、ニコンと色々使いました。
ベッサに出会ってからライカレンズをアレコレ試したり・・
でも、なんというか、世間で評価が高いものの価値を味わっておくことも、それはそれで大事なのかな・・と。

ライカまで辿り着いた所で、あの頃のXR-7の良さが改めて見えてくる・・みたいな。。
分かってもらえるでしょうか。。(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tatsuya-zz | 2012-05-21 22:26 | フィルム写真 | Trackback | Comments(2)

ネット空間の片隅に咲く、小さな・小さな、写真ブログ。大阪発 ~since 2007.1.1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31