人気ブログランキング |

2012年 10月 11日 ( 1 )

2012/10/11

f0139991_218013.jpg
 
     Voigtlander BESSA-R3M / NOKTON classic 40mm F1.4(s.c.) / Kodak T-MAX400


いまB/W写真倶楽部の作品づくりの最中です。
先日の土曜日に1回目の暗室作業を行いました。

今回は今まで使っていたフジの印画紙(バリグレード)をやめて、
初めてオリエンタルから新しく出た「イーグル(RC・半光沢)」を使うことにしました。
サイズは4切りWで仕上げるために大四切を選択。

ペーパー現像液は、これも初となるイルフォードのマルチグレード現像液。

「コントラストが若干高めらしい。」という事前に聞いた話し通り、
実際に焼いてみた印象は0.5~1号くらいは硬めに仕上がる感じ。

かと言って、階調が飛んでしまうような安っぽさはありません。
軟調な傾向のネガなら相性はいいと思う。
ちょっと現像オーバーしたような硬調なネガなら、2号でもコントラストはけっこう強めに出ます。

黒の出方は、他のものとあまり比較したことがないのでハッキリとは言いにくいのですが、
今まで使っていたフジのRCに比べると何となくコクがあるような気がします。
純黒・冷黒・温黒のどれかで例えると、微妙に温黒調に寄った純黒という感じです。
(人によって印象は違うとは思いますが)

現像液も変えたのでその影響もあると思います。
僕としてはなかなかこの組み合わせは気に入っています。
機会があれば、フジのコレクトールでも試してみたい。

本当はバライタ紙を使いたいのですが、お座敷暗室を立ち上げてまだ半年。。
水道代も出来るだけ節約したいし(笑)、
もうちょっと基礎をしっかり確立してから・・・また挑戦してみたいと思います。

あ、そうそう、僕が使っているラッキー90M-Sで半切を焼くときにヒジョーに便利なのが40mmレンズ。
あまり使ってる人がいないらしく、中古市場ではなかなかお目にかかれません。
(出てもすぐに売れるらしい。)

新品で買うとすれば、ローデンシュトックやシュナイダーという選択がありますが、結構高いのです。。

昨日とある中古カメラ店に電話して、長期戦覚悟で探しておいてもらうことを頼みました。
どなたか、イメージサークルが35mm判を確保しているものならメーカーは問いませんので、
どこそこで見かけた、あるいは持っていてもう使わない・・・など、何か情報があったら
ご一報くださいませ。

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m



~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『 B/W写真倶楽部南船場 2nd Exhibition 2012 』 のご案内

所属させてもらっている上記倶楽部のグループ展がギャラリー壹燈舎であります。
僕もメンバーとして、4枚の組写真を展示します。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

2012.10.23(tue)~10.28(sun)
open 12:00~19:00(最終日は18:00まで)
ギャラリー壹燈舎にて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
by tatsuya-zz | 2012-10-11 21:35 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

ネット空間の片隅に咲く、小さな・小さな、写真ブログ。大阪発 ~since 2007.1.1