人気ブログランキング |

ニューシーガル100と、アドナール現像液_f0139991_21304876.jpg


フジフィルムから待望の国産フィルムが「ACROSⅡ」として復刻されましたが、
思ってた以上に価格が高い。
ボヤいても仕方ないのですが、これではイルフォードやローライなんかとあまり変わらない。
もともと需要が少ないところへ新製品を投入してくれたメーカーの姿勢には感謝しなければなりませんが、
趣味人としては、ランニングコストが上がるのはとても厳しいのです。(苦笑)

その点、4年ほど前にサイバーグラフィックスから発売されたこの「ニューシーガル100」は、
ヨドバシカメラにおいて言うと3本パックで1760円(現時点で)と比較的手に入れやすい価格。
今回初めて使ってみました。

サイバーグラフィックスは日本の会社ですが、フィルム自体は「made in UK」。
おそらくイルフォードやケントメアなどと同じハーマンテクノロジー製だろうと言われています。
ネットではケントメア100ではないかという記事を見かけますが、
フィルムのベースがニューシーガル100の方が薄くて透明に近い感じ。
それと、ニューシーガルは「プロフェッショナル」仕様なのに対して、ケントメアはそうではないし、
推奨現像液がイルフォードのID-11であるところから考えると、
僕の勝手な憶測ですが、イルフォードのデルタ100かそれに近い仕様で設計されたオリジナルではないかと思っています。

デルタ100は使ったことないけど。(笑)

現像液には、チョイスしたのがこれまた初めてですがドイツ・ADOX社のアドナール
100年以上の歴史を持つ、知ってる人には超有名な現像液。
今まで使ってきたのは、フジやコダックといった、日本国内ではメジャーどころばかりだったので、
世界的に有名でかつ老舗の現像液というものも体験しておかなくてはね。

詳しく知りたい方は、こちらのサイトにて。

実際に現像してみました。現像データは上記のサイト(発信元はSilversaltさん)に掲載されているリストから
デルタ100のデータをそのまま使ってやってみたらほぼそのままでいけそうな感じです。

●20℃ 1原液+50水希釈で14分


ニューシーガル100と、アドナール現像液_f0139991_21314299.jpg

Voigtlander Bessa-R3M + Nokton classic 40mm F2(S.C.) + Oriental New Seagull 100


スキャナーの性能が特別良くもないので何とも言えませんが、T粒子を使った最新の微粒子フィルムのような
カチッとして尚かつ滑らかな写りというわけではないようで、
どちらかと言えばざらつきのあるTri-xなどと同じ旧型乳剤ではないかと。
ただ、今回初めて使ったアドナールの影響かも知れませんので、ミクロファインやマイクロドールなどの
微粒子系を使うと、また違った仕上がりになるのかもしれません。

そのあたりは、これからの研究課題ですね。


ニューシーガル100と、アドナール現像液_f0139991_21315397.jpg

久しぶりに、ベッサを引っ張り出しました。
少々くたびれたノクトン用の純正フードLH-6がお店で安く売られていたのを見つけたので手に入れました。








by tatsuya-zz | 2020-01-15 22:52 | 暗室・現像 | Trackback | Comments(0)

ネオパン400PRESTO  生産終了(涙)_f0139991_23464775.jpg
 

学生時代から愛用してきた富士フィルムのプレストが、ついに生産終了です。。。
今年の6月の出荷が最終だとか。

※メーカーの公式発表
http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0032.html

銀塩資材がどんどん縮小されていく中、ついにここまで来たか・・と。

やわらかい階調表現が好きでした。それに、昨今の舶来フィルムの高騰のなか、
比較的良心的な価格設定にも助けられてきました。

僕としては、一番なくなって欲しくなかったものです。。

とりあえず、お小遣いが許す限り少しでもキープして、”最後のプレスト”を
楽しみたいと思います。

フジカラーさん、長年ありがとう。
もしも可能なら、復刻を待ってます。
by tatsuya-zz | 2014-03-11 00:04 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

赤川仮橋 ~モノクロ編

赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_2271122.jpg

今回の撮影では初めてケントメアのモノクロフィルムを使いました。
理由は、YDばしカメラでトライXを買おうとしたら全く在庫がなかったから。
しかも、いつのまにこんなに高くなったの???と思ったほど、値上がりが凄いっ!!

あれこれ考えた末、使ったことのないものに挑戦してみることに。
ケントメアはイングランドにある創業107年の超・老舗メーカーで、現在はイルフォードに吸収されているとか。
使用したのは写真の通り、ケントメア100。


赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_22152443.jpg

       Asahi-PENTAX SL + EBC FUJINON 1.8/55 + Kentmere 100

こんなにまじめに(?)”てっちゃん”をやったのは何年ぶり??
EF210率いる吹田ターミナル 12:12発 → 百済ターミナルに向かう貨物列車。
12:25頃通過。



赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_2219217.jpg

       Asahi-PENTAX SL + EBC FUJINON 1.8/55 + Kentmere 100

約1時間後、今度は逆向き。百済 → 吹田 13:30着。
通過時刻は13:20頃。機関車はピンクのEF81。なつかしいーっ!!


赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_2223459.jpg

       Asahi-PENTAX SL + EBC FUJINON 1.8/55 + Kentmere 100



赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_22242768.jpg

       Asahi-PENTAX SL + Super-takumar 3.5/35 + Kentmere 100



赤川仮橋 ~モノクロ編_f0139991_22261720.jpg

       Asahi-PENTAX SL + Super-takumar 3.5/35 + Kentmere 100

帰りに通った大阪駅にて。


ちなみにここに記載した貨物の通過時刻は当日の時刻で、何らかの事情で前後する可能性があります。
僕自身も時刻は他の方のHPを参考にさせていただきましたが、来るはずの列車が来なかったりで、
情報が曖昧でよく分かりません。

EF210の百済行きは月曜日運休、EF81の吹田行きは休日運休だそうです。
ご参考までに。。

歩道部分は10月末まで現状維持なので、それまでにもう一度訪れたいなあと思っています。


★フィルムの話し

ケントメアのフィルムはなかなか良くて気に入りました。
階調が硬すぎず、柔らかすぎず、シャープなのにT-maxやACROSSのようにガチガチにシャープすぎないところが好きになりました。
まとめて言えばホントに中庸なフィルムで、ジャンルを選ばないんじゃなかろうかと。

チェコのフォマパンにも挑戦してみよう。

現像データですが、D-76(原液) 20℃で9分・・・というのがネットでよく見かける一般的な数値のようですが、
実際やってみてやや現像オーバー目かなと。
原液で液がまだ新しければ、8分30秒でも十分かも知れません。
あ、もちろん人それぞれ好みがありますので、実際に試してご自分なりのデータを掴んでください。
by tatsuya-zz | 2013-08-29 22:41 | デジタル写真 | Trackback | Comments(3)

ネット空間の片隅に咲く、小さな・小さな、写真ブログ。大阪発 ~since 2007.1.1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31