人気ブログランキング |

f0139991_13130204.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35mm F2.8 + Kodak T-MAX400


フジフィルムが今年の10月ごろからモノクロフィルムの生産を再開するというアナウンスがありましたね。

ACROSの後継で、「ACROSⅡ」となるようです。
発表されたのはこの1種だけですが、
それでも、多くの方々の要望に応えてくれたフジフィルムの姿勢には
感謝です。

なんていったって、採算が見込めないでしょうからね。

国内で再びモノクロフィルムが生産されることは、うれしい限りです。


更新を通知する


by tatsuya-zz | 2019-06-16 13:20 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

25 March 2019

f0139991_21460403.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35mm F2.8 + Kodak T-MAX400


まれに見たことがないリンク元から辿ってアクセスがあるようで、
そのリンク元を覗いてみると、
ボクの記事を参考に参考にしました…という紹介とリンクを貼ってくれているブログ記事を見ました。

その方は2016年にその記事を書いてくれていました。

引き伸ばし機のネガキャリアにネガのカールを抑える工夫をした時の記事だったのですが、

知らない間に誰かの参考になっている…

少しはお役に立てられているのですね。。(うれしい)



更新を通知する




by tatsuya-zz | 2019-03-25 21:47 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

イチロー、ありがとう

f0139991_21582582.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35mm F2.8 + Kodak T-MAX400


イチロー、たくさんの夢を、ありがとう!



更新を通知する



by tatsuya-zz | 2019-03-22 22:03 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

f0139991_22493206.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35mm F2.8 + Kodak T-MAX400


中古のカメラを狙うとなると、いわゆる「出物」ですから
狙うものが必ずすぐに手に入るとは限りませんで、
流通量がもともと少ないものはなおさら根気よく探すことになります。

たまたま入ったお店で偶然陳列されていたなんていうこともありますし、
探してる時ほどなかなか見つけられなかったり、
その時の運というのもあって、
だからこそ中古選びが楽しかったりします。

昨今はデジタルのミラーレス機にオールドレンズを付けて楽しむ人も多いので、
人気のあるものはすぐに売れてしまったりするようですね。。


さて、実店舗がある中古カメラ店、ネットショップ、オークションサイトなど
探す方法はいろいろありますが、
最もお勧めなのは、実店舗であれ通販であれ、
自分のところで整備(または点検)したものを、
出来ればある程度の保証期間を設けて販売しているお店です。

中古品ですからそんな条件良く販売しているところは少なかったりするのですが、
中には修理技術を勉強してフィルムカメラ専門店として
独立開業されているところもあったりします。

少し譲って整備品でなかったとしても、
不具合があった場合に返品対応してもらえるかどうかは、
チェックしておいた方がいいと思います。

近隣の中古屋さんで見つからなかった場合、
通販サイトで日本全国探すことが出来るわけですが、
実物も確認できないのに「返品不可」というお店は良心的とは言えませんから
避けた方が無難です。


お店によって方針は本当に様々ですので、よく確認しましょう。


あと、裏ワザチックな方法として、オークションなどで安くで手に入れ
オーバーホールに出すという手もあります。

それじゃあ結局高くつくんじゃないの??と思われるでしょうが、
お店で良品として売られている相場と同じくらいの金額に落ち着くようなら、
「整備済み」となるわけですから、逆にお買い得ということもあります。

ある程度の目利きや相場の知識や勘が必要になってくるかもしれませんが、
なかなか市場に出回らない希少品を探す場合には、こういう手もありだと思います。


更新を通知する


by tatsuya-zz | 2019-03-19 22:52 | カメラのはなし | Trackback | Comments(0)

f0139991_22381876.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35mm F2.8 + Kodak T-MAX400


レンズの場合は、出来れば実店舗に出向いて自分の目で確かめて買う方がベターだと思います。

特に撮影に影響する「クモリ」や「カビ」や「キズ」は、修理不可能な場合が多いです。

ネット通販などで説明が詳しく書かれていても、
こういうのって書いた人(販売員)の主観がどうしても入るので
実物を見ると思っていたよりも「この程度なら使えるよ。」とか、
「わー、こりゃダメだ。」なんていうこともあります。


まず、ピントリングを回してみましょう。
油切れを起こしていると妙にスカスカして軽かったりトルク感にムラがあったりします。
逆にグリスの固着があると重かったり途中までしか回らないということも。

絞りリングはクリック感を。
同時に、カメラに装着しない状態で中を覗いて絞り羽根の動作や状態、
油の付着がないか見ておくことです。

レンズの表面を、前玉・後玉両方とも光に反射させてみます。
するとキズやカビ、コーティングの剥がれなどが確認できます。

特に後玉にあるキズやカビは要注意。画像に影響するのは主に後玉側です。

そして中を覗いて中玉の傷やカビ、ほこりの混入具合やクモリを見ます。
後玉側からのぞき込んで照明など光に当ててみるとと見やすいと思います。

少々のホコリ程度なら特に気にすることはないですが、
クモリやカビは要注意。

クモリがひどければ、光源や空なんかを撮るとモヤっと霞んだり、妙なハレーションが出たりします。
カビは放っておくと菌糸がどんどん伸びてきますし、クリーニングしてもらっても跡が残ったりしますので
避けた方が無難。


そして、出来ればカメラ本体を持ち込んで装着してみましょう。

ピントは合うか。

まれに無限遠側がピントが合わないものがあったりするので、(ヘリコイドのズレなど)
出来るだけ∞~最短距離まで全域確認しておく方がいいです。

そして絞りリングを回して露出計と連動するかも大事です。


古いレンズになればなるほど、経年劣化はつきものなので
どのあたりまで妥協できるかという自分の基準を持っておくことが
大切だと思います。



更新を通知する


by tatsuya-zz | 2019-03-18 22:40 | カメラのはなし | Trackback | Comments(0)

f0139991_22183158.jpg

PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35/2.8 + Kodak T-MAX400


かの大震災からもう8年。

未だにおよそ5万2千人もの方々が避難生活を送られていることを
考えると、
まだまだ復興には程遠い感覚がします。


「がんばれと言われても、何をどうがんばれと言うのか…」


TVである被災者の方がぽつりと言われた言葉が、
今でも胸に突き刺さっています。

マスコミでは報じられない、苦労されているたくさんの方々に、
少しでも早く復興という光が当たりますように、
ただただ祈るばかりです。



更新を通知する



by tatsuya-zz | 2019-03-12 22:32 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

5 March 2019

f0139991_22052117.jpg


PENTAX KM + SMC PENTAX-M 35/2.8 + Kodak T-MAX400



少しづつ、設定をいじりながら投稿しています。

今まではちょっとまとまりがなかったので、
カテゴリやタグをも少しわかりやすいようにちょっとづつ整理・変更していこうかな・・と。

なので過去に挙げた写真とタグが一致しない場合が
出てくるかもしれません。(苦笑)



更新を通知する


by tatsuya-zz | 2019-03-05 22:11 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

4 March 2019

f0139991_21521406.jpg

PENTAX KM + smc pentax 35/2.8 + Kodak T-MAX400



投稿が5年ぶりともなると、ブログの仕様がいろいろと変更されていて

(あたりまえか)

使い勝手がいまいちよく分からず、
復習と手探りで投稿しています。(笑)


更新を通知する



by tatsuya-zz | 2019-03-04 22:04 | フィルム写真 | Trackback | Comments(0)

ネット空間の片隅に咲く、小さな・小さな、写真ブログ。大阪発 ~since 2007.1.1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31